グルコサミンのサプリメントを飲もう|健康体を作るコツ

活性酸素の除去に有効

ドラッグ

過酸化脂質も取り除く

丹羽療法はアトピー性皮膚炎などの治療法のひとつとして知られています。これは高知県土佐清水市の病院の院長である丹羽博士が始めた治療法で、SODという酵素に着目した方法です。SODはスーパー・オキサイド・ディスムターゼという酵素で、活性酸素を除去して無害化する作用を持つとされています。SODはもともと人体で生成される酵素のひとつですが、環境ホルモンや大気汚染などの影響を受けている現代人の場合はこの酵素を自分自身の体で生成する機能が低下しているといわれています。そこで丹羽博士が開発したのがSODと同様の作用を持つ丹羽SODというもので、丹羽SOD様作用食品とも呼ばれています。丹羽SODには活性酸素だけでなく活性酸素によって酸化した過酸化脂質の除去作用もあるといわれています。

厳選した自然原料を発酵

丹羽SODは、原料としてすべて天然の穀物などの植物を使用しています。具体的には米ぬかやハトムギ・胚芽・ごま・大豆・杜仲茶などです。これらの原材料は遠赤外線を使って焙煎したあと、麹を使用して発酵させています。こうした自然の原料のみを使っているので、妊娠中の女性であっても安心して摂ることができるのが丹羽SODの長所のひとつです。丹羽博士はアトピー治療だけでなくがん研究でも知られ、自然療法についての論文が国際がん学会でも注目されています。本来、丹羽博士の丹羽療法は土佐清水市の病院でなければ受けられないものですが、丹羽SODを利用することによって現地には行けない人でも丹羽療法の効果を体感することができます。